今金八幡宮例大祭

いまかね秋祭りは、今金八幡宮が建立された明治29年ころに始まり、太陽と大地に感謝し、豊穣を喜ぶ例大祭であり、
大正9年には祭りを景気づけるために山車が登場し、その後一時中断したものの、町民の有志によって再開され、
「けんか太鼓合戦」も加わって現在の姿になりました。
今金の子供たちは、成長して町を出た後も祭りに合わせて帰省し、飛び入りで太鼓をたたくことを楽しみにしています。
遠く離れて暮らしていても郷里に帰りたくなる祭りがあることはとても幸せです。

今金八幡宮例大祭のギャラリー

いま記事

まだ投稿がありません。