インマヌエル教会

日本人初の女医、荻野吟子と、その夫の志方之善をはじめとするキリスト教徒が、
明治24年以降に理想郷を築こうとした土地に建てられた小さな教会です。
ヘブライ語で「神我と共に在ります」という意味を持つインマヌエルの丘の林間で記念碑と共に歴史の息吹を伝えています。
また、道内出身の作家渡辺淳一による小説「花埋み」の舞台にも登場します。

インマヌエル教会のギャラリー

いま記事

まだ投稿がありません。

施設情報

店名 インマヌエル教会
住所

〒049-4327 今金町字神丘